トップ «前の日記(2019 年 1 月 19 日 (土)) 最新 次の日記(2019 年 4 月 15 日 (月))»
編集 RSS

ワタタツの日記


2019 年 3 月 31 日 (日)

ディープ・ラーニングで新元号予想してみた: GengoAN — 元号のGAN —

ついに明日の午前11時半に新元号が発表されますね。

とりあえずディープ・ラーニングで元号の予想を作ってみました。今までされていない予想方法がないかなと思って、 視覚的・見た目 を予想することにしました。既にされている人が行たらすみません。

方法

機械学習の、深層学習、ディープ・ラーニングの方法の一つ、敵対的生成ネットワーク (GAN) の DCGAN を用いて、元号を 見た目 視点で予想することにします。字面 (じづら) というやつです。

テキスト情報・文字情報ではなく、元号の画像を用意して、GANで、それっぽいものをたくさん生成してみるというものです。

コードは aidiary (@sylvan5) さんの記事 PyTorch (12) Generative Adversarial Networks (MNIST) - 人工知能に関する断創録 をほとんど写しました。ありがとうございました。

入力「元号」画像生成

photo

TeX を用いました。

  1. rubyでTeXファイルを生成して
  2. TeXからPDF (dvipdfmx)
  3. PDFからPNG (ImageMagick)

と作りました。rubyからTeXファイルを作るコードは

https://github.com/Nyoho/GengoAN

にあります。

  • 元号は少ないので、画像を回転をランダムにかけて増やしました。
  • 4文字の元号は省きました。たぶん次も2文字になるでしょうから。

結果: 32×32

はじめは、縦横32ピクセルずつの画像でやりました。

コードはGoogle Colaboratory のノートをご覧ください。

photo photo

epoch 51 ぐらいまでくると結構見えてきますね! でもちょっと見えにくいので解像度を上げてみました。

結果: 64×64

見えにくいのでもうちょっと時間をかけて、縦横64ピクセルの画像を作りました。

これもGoogle Colaboratory のノート を置いております。

epoch 1

photo

epoch 16

photo

epoch 26

photo

epoch 41

photo

epoch 51

photo

まとめ

ここから皆様の心の目で、新元号の字面を見いだして下さい。

妻とみたところ、

のような感じの漢字が見えました。

  • 天筆 (てんぴつ)
  • 鳳民 (ほうみん)
  • 風鳳 (ふうほう)
  • 天亀 (てんがめ) (店があるww)
  • 実底 (じってい)

とかどうですか?!

では。Happy deep learning.


トップ «前の日記(2019 年 1 月 19 日 (土)) 最新 次の日記(2019 年 4 月 15 日 (月))»
Copyright © 2019 KITADAI, Yukinori. All rights reserved.